人気ブログランキング | 話題のタグを見る

遅れまして、おめでとう。

松の内も過ぎましたが。

今年の年賀カードは、
Hoppokenの原稿「芦谷有香の世界の風に吹かれて」(8)の原稿に載せた写真です。

遅れまして、おめでとう。_a0262689_23594838.jpg

# by yukaashiya | 2022-01-16 00:00 | 帰国編

アフガニスタンの人々の無事を願う

合衆国が軍隊をアフガニスタンから引き上げることは、トランプ前大統領の在任中から公言していたこと。
今年の春にはすでに、タリバンが政権を奪いに来る噂があちこちの国であったらしい。だからフランスなどは自国民を早々に退避させはじめていた。7月初旬、在アフガニスタン日本大使館で働くアフガン人職員は危険性を同館へ何度も伝えていたらしい。だが日本大使館はそれを取り合わなかったという。

8/13 米軍の大規模撤収に向けて、タリバンがカブールへ急進

8/15 カブール陥落 在アフガニスタン日本大使は、この時までにすでにアフガニスタンを離れていたそうだ

8/17 在アフガニスタン日本大使館の日本人職員は国外退避。しかも、英国の軍用機にて。

8/23、24 日本の自衛隊がやっとカブールへ。現地に残る数人の日本人を帰還させ、日本大使館に関与していた500人のアフガン人を救うことが目的だった。

だが、アフガニスタンを離れられたのは、日本人1人だけ。それも、彼女(記者)はカタールがチャーターしたバスに乗り、空路で国外退避。

パラリンピックの開会式に、アフガン人選手の姿はなかった。のち、代表選手は2人は26日になって日本へ到着したが、彼らを救出してくれたのはオーストリア空軍だった。

これまでの間に、英国ボリス・ジョンソン首相はG7緊急会議を開き、それぞれの自国民だけでなくたくさんのアフガン人を救うことを話し合い、米バイデン大統領には月末に予定している米軍の完全撤退期日を延ばすよう進言。だがバイデン大統領はこれを拒否。

8/26 カブール空港近くで、タリバンの自爆テロ。
この日、韓国大使館に雇われていたアフガン人とその家族約400人は韓国ソウルへ到着。かたや日本大使館で働いてくれていたアフガン人とその家族が乗った10数台のバスは、空港近くでの自爆テロを知って市中へ引き返した。英国などは、この日もアフガン人たちの英国への退避の手を止めず、空路英国へ退避させている。



避難活動には、多くのリスクが伴う。だがフランスやドイツ、ポーランドなど欧州の国々だけでも約8万人をそれぞれの国へ避難させた。うち英国は約2万人のアフガン人を救った。英国大使は月末間際まで現地に自ら残り、アフガン人を英国へ退避させるために彼らへのビザの発給を続けていた。自らの命を賭してまで。

また英国は、アフガニスタンで英国軍人の心を癒し心に安らぎを与えてくれたとして、以前同地で軍人だった英国人で動物シェルターを管理していた人の進言によって約200匹の犬や猫も貨物室で退避させた。

日本政府の初動の遅れ、
その裏にある日本人大使館員だけ早くから退避した事実、
つまり現場には指揮する人もいろんなことをまとめる人もいなかった事実、
さらには、退避させようとしていたアフガン人職員とその家族のリストを、事もあろうに、「検問を通るために」という理由でタリバンに渡したらしい。人を殺すことをなんとも思わないタリバンに、書かれているのは人名でも命のリストと呼べるものを渡したのである。

おそらくそのリストに載っている人たちは国外退避できなかっただけでなく、命を失う可能性がとても高い。もし生きながらえることができたとしても、タリバンが政権を握っている限りは、一生、自分の家に住むような暮らしはできないだろう。日本大使館で働いたばっかりに。

ちなみに、重要な時期にあたる8/15から24日の間、茂木外務大臣は中東諸国を外遊していた。
岸信夫防衛大臣は、自分に対処できないことが起きると雲隠れする安倍前首相の実弟である。


ただただ平和な暮らしを望むアフガニスタンの人々の無事を、心から願っている。








# by yukaashiya | 2021-09-05 21:36 | 帰国編

オリンピック開会式に思う

オリンピックの開会式は、ふだんテレビを見ないわたしでもけっこう楽しみにしていた。始まる前、すでに瞳と心臓にジワジワ込み上げてくるものがあったほどに。だけど、見れば見るほど気持ちは引いていった。


出演した方々はたくさんの練習を積み、精一杯のことをしてくださったと思う。それは特にこのコロナ禍において大変なことだったろうし、開催そのものに多くの国民が反対している環境下で、もしかすると練習を積むことにさえ自身と葛藤することがあったかもしれない。それだけにやり遂げたことを尊敬するし賞賛されるに値すると思う。ただ、演出があまりにもあんまりだった。


オリンピックは、世界中の人々が注目するイベントである。その開会式は、開催国の歴史や文化を世界中の人に知ってもらえるまたとない機会であり、商業的にも同様のことが言える。なのに、それらのほとんどが演出されなかった。


着物、和紙、折り紙、盆栽、茶道、生け花、雅楽、お琴、三味線、日本舞踊、和太鼓、舞妓や芸妓、相撲、柔道、剣道、空手、寿司、酒、天ぷら、神輿、演歌、HONDAやTOYOTAの車、ウオッシュレット、絵文字と、日本発祥あるいは日本固有のものはそれなりにある。


着物や折り紙、酒、盆栽、芸者、柔道、絵文字、弁当なんて、KIMONO、ORIGAMI、SAKE、BONSAI、GEISHA、JUDO、EMOJI、BENTOと、日本で外来語がカタカナになるように、英文字言葉になっている(ちなみに、津波「TSUNAMI」も)。ただ、これらが日本発祥のものだと知っている人がどれだけいるか。だからこそ、それを知ってもらえる良いチャンスだったのだ。


しかも、日本にだって、優れた歌はたくさんあるし、優れた歌手もたくさんいる。なぜその曲を使わず、その人たちに歌わせなかったのか。Imagineの時、なぜジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真を映し出さない。オノ・ヨーコの音程も歌声もひどいけれど(笑)、なぜ彼女にたとえ一節だけでも歌わせない。なぜ歌舞伎とジャズを無理に融合させようとする。あれでは歌舞伎の良さは伝わらないし、ピアノを使うシーンがあるのなら国際的な評価を持つYAMAHAをなぜ使わない。ぜ王貞治や長嶋茂雄、松井秀喜を登場させた時、優れた野球プレイヤーだったと紹介しない。野球はサッカーに比べると行われている国はごく少数で、紹介なしでは中継を見た世界の人からすればただのおじさん達にすぎない。


日本の文化や歴史を紹介しようとしなかったことは、最大の失策。しかも、ストーリー性のかけらもなかった。そして世界中の人々は日本のほとんどのことを知らないことを前提にイベントを作らなかったことも失策。なぜ戦後や福島の復興を例えば映像などで大きく盛り込まなかったのかも、理解できない。


アイデアはいくらでもあったはず。平安時代の貴族や江戸時代の平民の再現から、桜吹雪の中で琴や三味線、尺八など和楽器で合奏をしてその前で芸妓が舞を舞うとか、音楽で盛り上げていくなら葉加瀬太郎の世界遺産を使ったり、巨大な櫓を組んでたくさんの和太鼓を叩き、サブちゃんの「祭り」を合唱するのも良かったんじゃないか。とにもかくにも、「日本らしさ」が全く感じられなかった。


ドローンでの演出は素晴らしかったし(といってもあれも米インテル製らしいけど)、選手入場の後のピクトグラムのパフォーマンスも良かったけれど、後半は長すぎて間延びしていた。実際、他国の記事で「長々と続いた」と表現されていた。


日本のテクノロジーがもてはやされたのは、すでに過去の話。ゲームだって、他国では楽しむのは概ね子供たちだけ。そこに知られていもいない曲を行進曲にして喜んでいたのは日本人だけ。国内向けのイベントならそれでも良かったろうが、その日本でさえ、ゲームの曲が行進曲になっていたことがネット・ニュースでバンバンあがってくるほど、他のほとんどが(全部とは言わない)日本人として何ら喜びを得られないシーンだったということだ。


物語性は、皆無だった。中継アナウンスも首を傾げるようなコメントが多く、「球体が開いていきます」だなんて、見ていれば誰でもわかること。あの形と開き方のコンセプトを聞かせて欲しかった。


バッハ会長の挨拶は、同時通訳だとわざわざ表示されていた。概ね音声が被っていたので全てかどうかはわからないけれど、聞き取れた中に前もって原稿が手元に届けられていることが明らかな部分が何ヶ所もあった。発言者がまだ言葉にする前のことを通訳が先に言っていたのだ。それのどこが同時通訳なんだろう。嘘はいけない。


オリンピック、やはりもう一年延期して十分な準備を重ねるべきでしたね。昨年、延期を議論した時に、2年延期案も出ていたらしい。それを頑なに受け容れなかったのは、先日、急遽出席を見送った当時の首相らしい。


・・・本当は、こんな文句をつらつら書くのはよそうと何度も思った。だって、出演者たちは計画・注文されたことを懸命に練習して演技してくれた。ただ、今回のオリンピックは、わたしが生きているあいだに行われるおそらく最後の、日本でのオリンピック開催。それだけに、残念で仕方がない。わたし個人にとってのせめてもの救いは、日本語アナウンスがかつてGチャンでコンビを組んでいた「せきやん」によるものだったこと。声を聞いてびっくりしたし、今も活躍してくれていることが嬉しかったし、それに気持ちが高揚しもした。


時計のオメガ社のオリンピックCMは、日本をとてもうまく表現してくれている。それを、最後に貼り付けておこう。




# by yukaashiya | 2021-07-24 22:08 | 帰国編

ニッポン (メ)Cha (ク)Cha  

日本は我が祖国。文句を言いながらも、それなりには誇りを持ってきた。だけどいまは、その国の国民であることがただただ恥ずかしい。

何人ものオリンピック関係者の辞任は、海外でも報道されている。本来なら一年前に開催していたはずのオリンピック。つまり準備をする時間は山ほどあったわけで、直前になって問題が露呈する体たらく。

何が「安心・安全」な開催、だ。選手や大会関係者からは続々と感染者が出ている。

選手村の選手の寝室にはツインもあり、それがそもそも考えられない。一流アスリートが戦いに挑む前後、相部屋にするなぞ、感染以前の問題である。しかも、アスリートが厳しいトレーニングや試合などの前後にゆったり体を横たえられるようなサイズのベッドでもない。トレーニング・ルームだって、何百名もの選手がいっぺんにトレーニングできるというが、マスク着用だと。マスクして激しい運動なんてしたら、酸欠になるやん。

選手用だかプレス用だか知らないけど、食堂ではカレーライスやハンバーガーを出しているらしい。欧米人、日本のカレーライスはほとんど食べませんよ。お米そのものも彼らには日本の水分を多く含んだ米が苦手な人が多いし、そこにどっさりかかったルーは別のものを連想する人もいたりして、自ら進んで食べる人はそう多くないだろう。どこかの選手宿泊ホテルでは揚げ物ばかりが弁当に入っていたらしい。アジア人にはもしかすると喜ぶ人もいるかもしれないが、欧米人は揚げ物をそう食べるわけではない。ましてアスリートに、油たっぷりの揚げ物をふんだんに振る舞うなんて、素晴らしい「お・も・て・な・し」だ。

大会関係者やそのスタッフのことをはじめ、世界中から集まる選手や関係者のことを何も調べて来なかったことが、いろんな側面に窺える。その上、無観客開催になって任務がなくなったボランティアの約3万人が、何の連絡もないまま宙ぶらりんだという。

そんなことを言っているうちに、明日は開会式。ふと気になるのは、漫画やアニメ、ユルキャラとか若い女の子たちのグループ歌手を登場させるんじゃないかってこと。それらは確かに、日本の1つの文化と言えるかもしれない。だけどアジア限定ならまだ「可愛い」と言ってもらえる可能性はあるかもしれないけれど、ああいうものを良いと言って注目するのは、アジア以外ではかなりの少数派(多分、アジアでも日本ほど多くないと思われる)。

いろんな多くのことが世界に遅れをとっている上、「幼い」「未熟な」日本をこれ以上、世界にさらして欲しくないと思うのは、わたしだけだろうか。


# by yukaashiya | 2021-07-22 22:19

ニッポン Cha Cha Cha

ニッポン Cha Cha Cha_a0262689_21382812.jpeg
(ロンドン中心部のショッピング・ストリートの店頭に飾られた、エディンバラ公の逝去を悼むポスター。イギリスのセンスはいつも優れている)

8年間の欧州暮らしで感じたことの1つに、日本は休日が多すぎることがある。
ざっと調べただけでも(もし多少の間違いがあればお許しあれ)、

イギリス 8日
合衆国  9日
フランス 12日
イタリア 13日
スペイン 11日
ドイツ10日

日本は、21日。そこに、盆休みやゴールデン・ウイーク期間中の平日が加わる。
つまり、他の先進国の、少なくとも倍、少ない国と比べると3倍の休日があることになる。
日本では有給休暇が取りづらいなんてことをよく耳にするが、
十分すぎるぐらいに休んでいるのである。

そんな国だからか、この有事にあってさえ、ゴールデイウイークだからとワクチン接種も行わない。すでに輸入されているワクチン(2800万回分)の、たった15%しか接種されていないらしい。命を救えるかもしれない術がそこにあるのに、使われていないのである。これから輸入数が増えても接種されないのなら、意味がない。

菅首相は、1日100万人接種を目指すという。できるわけがない。イギリスを例に取れば、多数を募って研修を行ったボランティアに接種を任せ、3月頃には毎日約84万回の接種を行っていた。

日本は、看護師にさえさせず、医者による接種になぜかこだわり、その医者たちも集められない。しかも、どの自治体も毎日は行わない。つまり、1日100万回も打てるわけがない。なのに、行うという。そうして国民に期待ばかりさせて、結局はがっかりさせる。

日本は、なんでも遅い。なのに、合衆国の大統領がバイデン氏になって、わざわざ「一番乗り」で挨拶に出向いた首相は、おそらく日本だけ。しかも、人の往来を減らそうと各国が躍起になっている時に、何十人もののおつきを従えて向かった。その会談はわずか20分程度で終わったと聞く。ファイザーのCEOに面会を申し込んだが、結局は電話会談。トランプ氏が大統領になった時に、やはり安倍が「一番乗り」した。各国がそれを冷ややかな目で見ていたのも知らないんだろうな。

情勢を見極めた動きができない日本政府。頭の中はずっと休日中なんじゃないか。

# by yukaashiya | 2021-05-09 21:32 | 帰国編