<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

静かなケンカ

a0262689_22570129.jpeg
(ロンドン・ニューボンド・ストリートにあるウインストン・チャーチル英国元首相とフランクリン・ルーズヴェルト元米国大統領の像/間に座って記念写真を撮る事ができるようになっている)

英国テリーザ・メイ首相が米国ホワイト・ハウスへ赴き、ドナルド・トランプ米国新大統領と会った。トランプ氏が大統領に就任して以降、初めてのホワイトハウスでの外国首相との会談である。いかにも日本の安倍首相のトランプ氏の大統領就任前の訪問は先走りだったことが改めて感じられるし、メイ首相との会談後も含めて大統領就任後のトランプ氏の数々の発言からも米国と日本とは日本の政治家たちが口にしているような「強固」な関係ではないことが改めて浮き彫りになっている。そんなことは日本では誰も書かないだろうが、これは日本人が認識しておくべきことで、それによってこれから起こり得るリスクを回避することができるかもしれない。

それにしても、メイ首相の控え目でありながら確固たる信念を持ってした発言も、その姿勢もあっぱれだった。二国間の貿易協定に然り、NATOについて然り、ロシアのプーチン大統領についての発言も然り。トランプを受け入れたと自国の政治家たちから批判されても(安倍首相がトランプ氏に会いに行った時にこそ日本でそれが起きるべきだった)、姿勢は揺るがない。今後、もしトランプ氏が英国を振り回すようなことを仕掛けてきたとしても、彼女ならうまく切り抜けて行くだろう。ケンカをせず、かと言って無視もせず、かと言っておもねるようなこともせず、賢明な対応をしていくことが予測される。

ケンカといえば、先日「静かなケンカ」を目撃した。

ロンドンで最も賑やかなショッピング街オックスフォード・ストリートでの、友人との待ち合わせで街角に立っていた時のこと。すぐそばにタバコを吸いながら歩道上をグルグル動き回っている黒人女性がいた。タバコには火がついていたしその先端に気を配らず動き回っていたので、危ないなあと思ったのを覚えている。

とは言ってもわたしはすぐに彼女から視線をはずし、ショー・ウインドウを覗き込んでいた。それに飽きて視線を戻した時、白人男性が彼女と話していた。友好的な雰囲気ではなく、会話に耳を澄ますと、どうやら黒人女性の火のついたタバコの先端がそこへ通りかかった白人男性の洋服に当たったらしい。

それで彼は文句を言っていたし発言にはちょっと下品な言葉も含まれていたが、驚いたのはその「静かさ」。声を荒げないどころか、耳を傾けていなければそれが「ケンカ」だとは分からないぐらいの音量だったのである。これも「紳士の国」の慣わしか。





[PR]
by yukaashiya | 2017-01-28 23:53 | 英国生活編 | Comments(0)

未だ驚きの連続 in London

a0262689_07245268.jpeg
(舞台「ハリー・ポッター」が上演されているパレス・シアター)

2012年からいまの生活を始め、6年目に入った。ロンドンには計34ヶ月暮らしていることになる。歴史はもちろん文化・習慣、生活などについてかなりアンテナを張って暮らしているつもりだが、それでも未だに驚かされることが少なくない。例えば先日はピアノ・コンサートを聴きに行ってきてそれはキングズ・カレッジ・ロンドン(1829年にジョージIV世とウエリントン公爵によって設立された大学)で開催されたものだったのだが、会場は教会。大学の敷地内に教会があるのはあちこちで見てきたが、ここは大学の建物の中に立派な教会があるのである。しかも、1階に(日本式でいう2階)!

今週末にはギルド・ホール・アート・ギャラリーへ詩の朗読を聴きに行ってきた。聖アグネスが殉教した記念日が(304年)1月21日で、その前夜(イヴ)にポエム「The Eve of St Agnes」朗読会が開催されたのだった。到着してびっくり。だってその会場は絵画が展示されているど真ん中で、つまり通常展示の絵に囲まれて朗読が行われ、しかもワインとおつまみが振る舞われたのである。レクチャーやトーク・ショーでワインが振る舞われることはロンドンではかなり多いのだが、美術館の絵が展示されている中でワインをいただけるなんて、誰が思うでしょう。でも英国人にとっては珍しいことではないようで、私もスマしていただくことにした(笑)。朗読が終わった後もなくなるまでワインは振る舞われたので、ここには毎年訪れている私も、ワインを片手に絵を見て回った。なんて優雅なひと時だと、小さな心臓はドキドキしてた(笑)。

紳士社交クラブのメンバーになりその環境においても驚くことが多い。メンバーになると飲食したものは日本で言うところのツケが利き、月に1度まとめて銀行口座から引き落とされる。メンバーはフレンドリーな人が多く、初対面でも笑顔を交わすし、会話が弾むこともあれば、ワインをご馳走してくれる人も結構いる。また、立場を超えてフレンドリーに接することも当たり前のようにある。

先日は新しく就任した会長を囲んでのディナーに参列したのだが、それに誘ってくださったのは女王の元弁護士で(しかもこの女性は私がメンバーシップを獲得した時にワインで祝って下さった)、その方が私の向かい席、隣の席には上院議員の中でも有名な女性議員が座り、私との間には絶対的にあるはずの「壁」を全く感じさせない接し方をして下さった。英国にもリッチな日本人に多いエラそうな人もいるにはいるけど、その絶対数も違えば、接し方も全然違う。だから英国を「紳士の国」という面もあるんじゃないかと思われる(女性も含めて)。

また、そういう人たちはクラブで働くレセプショニストやウエイター、ウエイトレスに対しても実に親しみを持った接し方をしていて、見ていてとても気持ちがいい。人として「一流」であることの本当の意味は、そういうところにもあるんじゃないかと感じている。






[PR]
by yukaashiya | 2017-01-22 08:21 | 英国生活編 | Comments(0)

Confidence

a0262689_02022548.jpg
この1週間、雪の混じった雨が降った日もあり、ロンドンもけっこう冷え込んだ。ただ、ロンドンでの初めての冬で意外に感じているのは、日本(大阪や東京)ほどの寒さは感じないということ。緯度はロンドンの方がずっと高いにも関わらず、である。気候が温暖と言われるワケを実感している。

年明けから早速、リンネットと会った。彼女は2012年にわたしがロンドンで初めて借りたフラットの大家で、以来ずっと交流が続いている。今回はナショナル・ギャラリーで開催されている展覧会「ビヨンド・カラヴァッジョ」を観に行ってきたのだった。

そのあとランチと、紳士社交クラブでのコーヒーを楽しんだ。クラブはわたしがつい先月、メンバーシップを獲得したばかりのとあるジェントルマンズ・クラブだ(ロンドンには20以上ある)。クラブには歴史と格式があって、英国人にとってさえ所属できるのはステイタスの1つ。メンバーシップを得るのは容易ではなく、それを知っているリンネットはじめ他の英国人の友人・知人たちもみんな口を揃えて「おめでとう!」と言ってくれた。つまり、お祝いを言ってもらえるようなことなのである。

会う早々、リンネットに、どうしてクラブのメンバーになりたかったのかを尋ねられた。

クラブ員になると当然、英国文化を深く知ることができるし、自分を高めてくれる - たとえば知識、感性など - 環境に身を置きたかったこともある。クラブにある施設(建物丸ごと- レストランやライブラリー、ラウンジ、ビリヤード・ルーム、ガーデン、宿泊施設などなど実にたくさんの部屋がある)を全て自由に使えるし、ここには新旧合わせて8万冊もの蔵書がある。静かにのんびりしたい時に、リラックスしに来ることだってできる。それに、メンバーは各界で活躍しているような、普通の生活を送っているだけでは出会えないような人たちがほとんどで、王族や貴族までいる。もしかすると、そういう人々と会話を楽しんだりできるようになるかもしれないという期待もちょっぴりある(笑)。また、定期的にコンサートや講演会(歴史や経済、芸術)なども行われるので、英国にいる間の生活を豊かにしてくれるのは間違いない。

それを彼女に説明したが、あとになって気づいたことがある。

潜在意識の中に、英国で「自信」を持てるもの、あるいは自信を持てる背景、あるいは自信を持てる立場が欲しかった面もあるんじゃないかと思うのだ。誰に対してとか何に対してというのではなく、自分自身に対して、である。

それに、紳士社交クラブは、英国で生まれた文化。その現場だからこそ、いままでよりさらに「イングリッシュネス」「ブリティッシュネス」なことを学んでいけるだろう。2017年はわたしにとって、英国における新たな生活の幕開けの年なのだ(大げさだけど・笑)。





[PR]
by yukaashiya | 2017-01-16 02:53 | 英国生活編 | Comments(0)

ロンドン冬のワンダーランド

a0262689_02241308.jpg
わたしは若い頃からおよそ遊園地などに興味がなく、恋人とのデートが遊園地だなどということは、ドラマの中だけでの「出来事」だと思っているぐらいだ(笑)。テーマ・パークも同様で、ディズニー・ランドもUSJも行ったことは1度ずつあるし行ったら行ったで楽しいが、行くには「甥っ子を連れて行くため」といった「理由づけ」が自分に対して必要になる(笑)。基本的には興味の対象外なのだ。

a0262689_02292027.jpg
そんなわたしにあって、昨年暮れにロンドン・ハイド・パークに突如出現するウインター・ワンダーランドへ行ってきた。理由づけ? 英国人の生活・習慣の一部分を見るためである。

a0262689_02313525.jpg
びっくりした。だって冬季限定の遊園地とは思えないほどの規模であり、作りでもあったからだ。これは五輪マークのジェット・コースター。たくさんの乗り物やアイススケート・リンク、数々のショップやレストランなどなど、とてもとても臨時の遊園地とは思えないレベルなのである。最初の写真をもう一度、見て欲しい。なんと、ニセの雪を降らせるほどの凝りようだ。

a0262689_02383715.jpg
広場ではDJがノリのいいトークとポピュラーな歌を歌い、来場者もそれにノッていく。
a0262689_02405823.jpg
昼間はおそらくファミリーで来ている人も多いだろうが、わたしが行った夜は大人ばかり。DJブースの周りではたくさんの男女が楽しげに踊ったりDJと一緒に歌ったりしていた。

a0262689_02414544.jpg
臨時遊園地なのに、英国らしい華やかさと贅沢さ。これはもう、日本から来る人たちにも知らせなくちゃと思ってここに書き始めたものの、あれれ、営業はもう終わっちゃったみたい。
もったいなーい・・・11月半ばから始まって、1月3日までだったみたい。
a0262689_02382214.jpg

サイトではもう来年に向けてニュースレターの受付を始めているようだ。
気になる人は、チェックしてみて。

1年後の娯楽なんてと思うなかれ。
1年後のコンサートでも、
例えばロイヤル・アスコット開催やダービー・デーも、
開催が終わったらすぐに翌年の宣伝を始めたりチケット発売することがあるのが英国なのだから。




[PR]
by yukaashiya | 2017-01-07 02:48 | 英国生活編 | Comments(0)

ロンドンの元旦パレード



a0262689_22561116.jpg
ロンドンのショッピング街は、一部のお店こそ閉まっていたものの、ほとんどが元日からオープン。どこへ行っても多くの客で賑わっていた。クリスマス当日はロンドン中が静まり返っていたので、やはり英国民にとってはクリスマスこそが家族で家で祝う、日本人にとっての元日のようなもの。それでも元日には、新年を祝うパレードが開催された。

a0262689_22503895.jpg

今年で31回目を迎えたこのパレードはグリーン・パークを出発点として、国会議事堂のあるパーラメント・スクエアまで約3時間かけて行進するもの。8500人以上のダンサーやパフォーマー、マーチング・バンドなどが行進した。

a0262689_23232687.jpg

折悪しく午後から雨が降りはじめ、時折ひどく強い風が吹いていた。写真では分かりにくいが、このチアガールたちもびしょ濡れなんである。タイツと靴下を履きブーツに足を包み、上半身だってけっこう着込んでマフラーに手袋もした重装備のわたしは傘もさしていたが、それでも体が冷え込んでいったこの日。彼女たちの格好を見ればどれほどの寒さを感じているか想像するのは容易く、だけどみんな笑顔を絶やさない。ただただスゴイなあと、感心してしまう。

a0262689_23122330.jpg
フラッグなんて、雨で重みを増している。風で思うようには振りにくい時もあったろう。それでも彼女たちの表情はにこやかなまま。辛抱強さや絶やさない笑顔、どんな時でも楽しんじゃおうという国民性に、英国の底力みたいなものを感じた日となった。

a0262689_23163606.jpg
今年のパレードのテーマは「Lights, Camera, Action(照明、カメラ、演技)」。それだけに、喜劇王チャーリー・チャップリン・カーも登場。


a0262689_23251941.jpg
(チャップリン・ダンス?)

また、さまざまな衣装に身を包んだ出演者も練り歩いていた。

a0262689_23213461.jpg
a0262689_23214684.jpg
a0262689_23220882.jpg
a0262689_23243774.jpg
連邦加盟国の国々のパフォーマンスも楽しかったし、さらにビックリしたのは・・・

a0262689_23283491.jpg
なんと、アメリカ各州のパトカーやハイウエイ・パトロール・カーまで次から次へと登場したからである。こんな場面でも、英国と米国の特別で親密な関係が窺える。

a0262689_23284479.jpg
(巨大拡声器付きのパトカー?)

そして、たくさんの高校のマーチング・バンドもお出まし。
a0262689_23313938.jpg
a0262689_23314495.jpg
a0262689_23320831.jpg
あの寒い中を、歩くだけでも大変なのに、楽器を演奏するのは至難の技だったに違いない。それを、高校生がやってのけているんだもの。感服する。

最後の方では、ボリス・バイクが登場。
a0262689_23352177.jpg
現外務大臣のボリス・ジョンソン氏がロンドン市長時代に立ち上げた事業だから、「ボリス・バイク」。ロンドン中心部のあちこちで、1日£2で借りられる(現在はサンタンダー銀行が後援しているので、サンタンダー・サイクルともいう)。環境にも健康にもいいボリス・バイク。観光客の皆さんも活用しましょう(笑)。ちなみに、ヘッド・ライトは夜間、自転車のマークを道へ照らし出してくれて面白いよ。

a0262689_23403914.jpg
ET(?) だって乗っちゃう。

みんな、風邪には気をつけてね。





[PR]
by yukaashiya | 2017-01-03 23:41 | 英国生活編 | Comments(2)

Happy New Year!

a0262689_01210326.jpeg
(ロンドン・オックスフォード・ストリートの12月28日の夜景/セルフリッジズ前)

大晦日は再びバービカンへ赴き、「Vienese New Year's Eve Gala」コンサートへ。ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラの演奏で、マーチやワルツ、ポルカなど、数えていないけどおそらく30曲以上を楽しんだ。オペラ歌手による歌の披露あり、ヨハン・シュトラウス・ダンサーによるまるで宮中舞踏のようなダンスの披露もありで、あっという間の2時間半だった。指揮はクリストファー・ウォレン=グリーン氏。とても素晴らしくて何度も鳥肌が立ったため幕間にネットで彼のことを調べてみるとチャールズ王太子から依頼を受けたり、ウイリアム王子の結婚式で指揮したりと、ロイヤル・ファミリーからの信望も厚い人らしい。そんな人の指揮、見事な演奏にアドリブで入れる面白い音もあったりして、そんな空間に身を置いていられる幸せを、またも感じていた。ああ本当に、できるものなら英国で一生を終えたい。

叶わぬ思いを募らせながらも、昨年はやはり叶わないと思っていた望みが2つも現実のものになった。思い続けていれば、いつかは成就するかもしれない。

今年も良い年でありますように。

もちろん、あなたにとっても。

Happy New Year!
a0262689_01210958.jpeg

[PR]
by yukaashiya | 2017-01-03 01:42 | 英国生活編 | Comments(0)