トランプ大統領が受けた認知機能テストの類似問題

a0262689_20014543.png
アメリカのトランプ大統領が受けた認知機能テストと類似した問題をBBCのサイトで見つけたので貼り付けておきます。実際のテストは30問、この類似テストは5問です。
[PR]
# by yukaashiya | 2018-01-18 20:04 | 海外生活 | Comments(0)

遅れているニッポン

a0262689_02585238.jpg
先日、ファストファッション・ブランドのH&Mがこの商品広告をウエブサイトから削除したことは、日本でも報道されていることだろう。黒人の男子モデルが着たこのトレーナーには、「Coolest Monkey in the Jungle」とプリントされている。世界では「不注意」「配慮に欠いている」といった批判が相次いでいるが、この商品広告削除報道がなされなければ、おそらく多くの日本人が何も思わなかったのではないだろうか。

そう思うのは、TV特番での「濱ちゃんの黒塗り問題」に賛否両論が起きているからである。そのシーンを考えた脚本家、製作しようとしたスタッフ、それを受け入れたダウンタウンの濱田さん、番組を完成させた人々は言わずもがな、そうした議論が起きていること自体、もう世界から遅れているのである。昨年だったか、洗浄力の強いソープで体を洗った黒人が肌が白くなるCMが中国だったか韓国だったかで製作されものすごい批判にさらされたが、差別という概念においては全く同レベルのこと。日本人が無知だと言われても、全く仕方がないようなことである。

日本を遅れている国だと感じるのは、そうした差別だけじゃない。漫才もそうで、例えばイギリスでもコメディはとても愛されているが、時事ネタや政治ネタ、風刺ネタが当たり前。日本のような下ネタだったり裸を見せたり、あるいはゲイの人をネタにするコメディはもってのほか。ウーマン村本さんが作った時事ネタ漫才はそれだけで「すごい」と評価されているようだが、少なくとも先進国では日常にあって当たり前なのである。

遅れているという言葉を、幼稚と言い換えてもいい。日本のテレビ番組ではお笑い芸人やタレント(=大人)が出演して楽しんでいる発泡スチロールの上を飛び歩くプールでのゲームなんて、英国では小学生が出演する番組で行っている。


[PR]
# by yukaashiya | 2018-01-15 03:31 | 海外生活 | Comments(0)

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

a0262689_20512151.jpeg
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
ミラノに滞在しているので、数年前のヴェニス・カーニバルで撮影した写真を、今年の年賀カードにしました。

a0262689_20512626.jpg
彼が料理してくれた新春ディナー。めちゃ美味しかった!


[PR]
# by yukaashiya | 2018-01-11 20:53 | 海外生活 | Comments(0)

2017年ロンドン備忘録

a0262689_05422738.jpg
今年もロンドンでいろんなイベントに参加したが、最も印象に残っているのはゴールドスミス・ホールでの晩餐会。単なるディナーじゃなく、男性は黒のタキシードに蝶ネクタイ、女性もそれ相応におめかししての、言葉通りの晩餐会。かのウェリントン公も食したことのある会場での晩餐会に、この光景そのままの晩餐会に招待され、出席する光栄に与ったのである。時代衣装に身を包んだホストの人々に迎えられ、古式ゆかしき英国の伝統に則った進行の中で、緊張しながらも初めての経験に心が躍った。とても楽しいひとときだった。

a0262689_06072099.jpeg
もう1つは、ハー・マジェスティ劇場での「オペラ座の怪人」の鑑賞。32年間も続いているほどの舞台で、今年ようやく観ることができたのだった。


<そのほかの備忘録>
・Bond Street Blues : the Victorian 'Aesthetic Movement' passion for Chinese porcelain / メイフェア・アート・ウィークエンド
・An Evening with Jordan Gray for Pride in London/ ヴァージン・マネーのロンドン・ヘイマーケット支店でのコンサート
・Public Lecture Series : 'Urban and Elegant' / ウィーン大学教授によるレクチャー
・'Everybody Lies' / RSA ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツでのトークショー
・Natsume Soseki versus William Shakespeare/ UCLでのトークショー
・Launch party for Unquiet Spirits : A Sherlock Holmes Adventure with Bonnie Macbrid / ウェストミンスター・リファレンス図書館での執筆者によるトークショー
・Decadent London - A walk back to the 1890s / ウェストミンスター・リファレンス図書館主催のウォーキング・ツアー
・Military Memories from 1959 Hong Kong (British Lions Chinese Dragons Series)/ リージェント大学での、かつて香港に駐在した英国軍人によるトークショー
・Historical Walk : Midland Goods Yard Development, King's Cross /Lester Hillmanさんによるウォーキング・ツアーで、世界初の電話ボックスなども見学
・The Mousme / ウエストミンスター・リファレンス図書館での、出席者による声劇。「Mousme」は日本人女性を描いたもので、「ムスメ(娘)」が 「モウスメ」と表記・表現されているのだった。
・Twins on Twins / Birbeck Cinemaでの、双子に関するトークショーと、アーノルド・シュワルツェネッガーが出演していた映画「ツインズ」の上映
・Open House - Visit St Pancreas International / セント・パンクラス駅のウォーキング・ツアー。あの壮大な駅舎のイロハを学んだ
・Auschwitz Medical Crimes on Trial / ブルームスブリーにあるウィーン図書館での、アウシュビッツで行われていた薬殺についてのトークショー
・Visit to the Westminster Abbey Library / ウエストミンスター寺院内部にある図書館の拝覧。通常、一般人は入れない。マグナカルタの1つがあったり、ウイリアム王子とケイト妃の婚姻誓約書まで閲覧できた。
・Medicine, Mews & Mystery / シティ・オブ・ウエストミンスター・ガイド・レクチャーズ協会によるランガム・ホテル周辺のウォーキング・ツアーで、画家ターナーが暮らしていた家も知ることができた
・What's is a revolution? / ブリティッシュ・アカデミーでの、ITやAIを含めた「現代の革命」についてのトークショー。
・Cinephiles : Shooting Stars/ Birbeck Cinemaでの、1928年製作映画の上映。映画製作を撮影している映画
・Fruitvale Film Club製作のビデオ上映。特にアメリカで問題になっている黒人差別を主に描いたもの。上映後の、参加者も参加できるトークがまた興味深かった。
・A modern House of Lords with The Lord Speaker / ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンズでの元上院議員によるレクチャー。
・Film Screening : Carnival King of Europe/ ロイヤル・アンソロポロジカル協会での、欧州のいろんな国でのカーニヴァルの様子を撮影したものの上映とレクチャー
・Slavery, Heritage and the British Country House / UCL Institute of the Americas での、アメリカでの昔の奴隷問題を中心としてセミナー
・Visit to Postal Museum Archive/ 郵便博物館での、一般的には見られない古い資料などの閲覧とレクチャー
・Monarchy on Screen / ウエストミンスター・リファレンス図書館での、かつての王(女王)たちが描かれた映画での君主たちについて、王室のコメンテーターをしている男性のレクチャー
・How to form a national collection / レクチャー・シアターでの、ロンドンのナショナル・ミュージアムスペイン・マドリッドのプラド美術館の収蔵品の移り変わりや展示品の選択などについてのレクチャー



[PR]
# by yukaashiya | 2018-01-01 06:51 | 英国生活編 | Comments(5)

2017年の終わりに

a0262689_05305020.jpg
(ピーター・ラビットの町の案内図。これを見ているだけでも楽しかった)

8月に行った湖水地方の旅の続編を書くつもりが、最後にブログを更新してから早2ヶ月が経ち、今月14日にはロンドンを離れて今はイタリアのミラノに滞在。今日はもう大晦日だ!!

今年のロンドンでの暮らしは例年以上にあっという間だった。

a0262689_05334376.jpg
(湖水地方には、500年以上に建てられたパブが現存している!)

今年もいろいろなことがロンドンであり、たくさんのことを学べたのはもちろん、嫌なこともあったりしたけど、それ以上に忘れ得ぬ出来事も多々あった。ある人との出会いが、わたしにたくさんの幸福感をもたらしてくれた。いずれ機会を見てこのブログにも書こうと思っているけれど、今までの人生で味わったことのない幸せに包まれている。

a0262689_05400336.jpg

[PR]
# by yukaashiya | 2018-01-01 05:41 | 英国生活編 | Comments(0)