チチェン・イツァの聖なる泉(セノテ) / 中南米旅行の締めくくり(ついに・・・)

a0262689_00455087.jpg
日本のほぼ裏側に当たる中南米を訪れて、早3ヶ月が過ぎた。ロンドンへ戻ってもうすぐ3ヶ月になろうというのに、旅行記を終えていないこの体たらく(笑)。今日はやっと、その最後である。

a0262689_00345488.jpg
メキシコのチチェン・イツァ・ツアーには、セノテ(聖なる泉)訪問も含まれていた。もともと有名な泉は観光客が多過ぎて情緒が味わえないそうで、最近開発されたというセノテ「X-Cajum」へツアーは私たちを連れて行ってくれた。

a0262689_00350225.jpg
とても洒落たつくりで、石造りのこんな椅子のオブジェも見ているだけで楽しい。

a0262689_00351002.jpg
上部から見たセノテ。ユカタン半島は密林の湿潤地帯だが、川はないらしい。ただ、石灰岩質の土壌のため、雨は全て地中に染み込んで地下に水の溜まる空洞を作るらしい。その空洞の地面が陥没してできたのがセノテなのだと、ガイドブックには書いてある。

a0262689_00351600.jpg
美しく開発されたここは、セノテへ降りて行く階段もこんなに洒落ている。
a0262689_00352160.jpg
こちらは逆に、下から見た写真。

a0262689_00551724.jpg
そして視界は、こんな風に開ける。泳ぐこともできるのだ。

a0262689_00550912.jpg
1ヶ月で中南米の中の9ヶ国を駆け足で回った旅は、この美しいセノテを見て幕を閉じる。

a0262689_00552317.jpg
メキシコ・メリダの街からは、メキシコの首都メキシコ・シティ、そして米国のロスを経由して日本へ戻った。夜中の2時半起き、4時半にはメリダの空港に着いて、6時発の便でまずメキシコ・シティへ向かう。デルタ航空を利用したのだが、スポーツバッグ1つ預け入れで、500ペソ(約3000円)も取られた。そのうえその際、「メキシコへバスで入国しているからメキシコからロスへ飛ぶ際にメキシコ・シティの空港で100ペソのペナルティを徴収される」と言われた。なぜなぜなぜ。

a0262689_01044976.jpg
実際にはそんなもの徴収されなかったが、心臓に悪い(笑)。ちなみに、メキシコ・シティで国際線に乗り換える時、パスポート・コントロールはなかった。イミグレーションカードを回収されただけで、出国スタンプはナシ。米国といいメキシコといい、それでいいんでしょうか(笑)。

ロサンゼルスに到着したのは、正午。関西空港へ飛ぶ便は、夜中の1時半発。そう、13時間の待ち時間が発生。ロスへ着くまでの便にはもっと遅い時刻のものもあったのだが、中南米の飛行機は結構遅れたりキャンセルになったりするので早い時刻の便を押さえたのだが、ロスの空港では荷物を預けられるロッカーも預け入れ所もなく(多分、安全のため)、街へ買い物に出るのは断念。コーヒーを飲んだりピザを食べたり本を読んだりベンチで寝たりして(笑)、チェックインまでの11時間をすごしたのだった。チェックインしてやっとラウンジでゆっくりできると思ったら・・・予約していたエア・チャイナ、搭乗時刻の10分前にラストコールをするという暴挙に出た(!)。そんな航空会社、見たことないよ(笑)。

a0262689_01045649.jpg
旅は人生の縮図のような面があって、それまで経験したことないようないろんな体験ができますな。いい体験もあるけど、多くは心臓に悪いことだけど(笑)。

記憶ではグアテマラの空港だったと思うけど、到着してからパスポート・コントロールへ向かうまでの通路には、「入国の際、パスポートにちゃんとスタンプが押されたかどうか確認して下さい」という看板がいくつもあった。疲れ果てていた私は、搭乗客に確認させるんじゃなく職員の指導をちゃんとせよとぶつくさ言いながら歩いたのを覚えている(笑)。

最後の写真は、メリダの町のメキシカン・レストランでのもの。案内された席のすぐ前でタコスを作る実演がされていたので、作っているおばさんに写真を撮ってもいいかと尋ねたら快諾してくれた。カメラを向けるとちょうどその時、右に立っているウエイターがおばさんに話しかけたのだが、おばさんは彼を怖い顔で叱り、「今から写真を撮るんだからあっちへ行け」とばかりに、ウエイターを手で追い払った(笑)。ウエイターはウエイターで、そばに立って彼までポーズをとってくれた(笑)。


中南米の旅で最も苦労したのは、移動の手段とプランの組み立て。日本人の中南米への旅行者の絶対数が少ないのと、日本人は大抵、私が今回計画した旅程とは逆周りをするからなおさらだ。旅ブログ(QUE SERA SERA)(こっちも全然更新していないけど・笑)の方に今回の旅程と移動手段を記しておくので、私と同じ周り方を考えている人がいたら、参考にしていただければ幸いです。





[PR]
by yukaashiya | 2017-09-04 01:34 | 旅行編 | Comments(0)


<< ロンドンでの2017年の家 チチェン・イツァ・ツアー(ダジ... >>