メキシコ・メリダの街

a0262689_22351380.jpg
         (メリダで泊まったブティック・ホテル「Koox Art57」)

中南米旅行最後の地は、メキシコ・メリダにした。メキシコ・シティはとても危険で、メキシコ人でさえいくのを躊躇すると聞いたし、最後の観光目的地チチェン・イツァへ行くにはカンクンでも良かったのだが、カンクンからだとバスで3時間、メリダからだとバスで2時間で行けるというのもあった。そして何より、メリダの街の中心地はスペイン植民地時代の面影を濃く残していると聞いていたからだった。現代的ビルが林立している場所には興味がない。歴史を散策で味わいたいのだ。

a0262689_22351950.jpg
パレンケからADOのバスで約8時間。このADOバスは大手で、パレンケでのターミナルも立派だったし、バスも新しくて綺麗、トイレもちゃんと使えて(あっても使えないバスが中南米では多い)、2人の運転手はどちらもとても紳士的で、時間もオンタイムで、とにかく何から何まで快適だった。

a0262689_22352464.jpg
宿泊先のブティック・ホテルも味わい深くて良かった。到着が朝6時半頃でチェックイン時刻まではかなりあったのだが、ダイニング・エリアでコーヒーを出してくれて、部屋の用意ができたからと10時頃にはもう部屋へ入らせてくれた。こういう臨機応変さや柔軟性は、とても心地よい気分にさせてくれる。ホテルを探している時、植民地時代に建てられたとても趣のあるホテルを実は気に入っていたのだが、過去の宿泊者のレビューに「掃除がきちんとされていない」というのが多かったので、そこをやめてここにしたのだった。結果オーライ。

a0262689_22484168.jpg
メリダの街に着いてから、記憶の片隅からふと、子供の頃に感じたことを思い出した。遠い昔、世界地図をみながら、この辺りにいつか絶対に行ってみたい、と思ったのだ。なぜなら、ここはユカタン州。そう、「ユカ」タンだから(笑)。子供の頃の何気ない夢ではあるが、それを大人になってから旅の巡り合わせで叶えていることに、人生の不思議さを感じた。

a0262689_22490206.jpg
スペインの植民地だったのは、1500年代からの約300年。これはメリダの街の中心地にある、ユカタン半島最大の大聖堂。

a0262689_22553061.jpg
中心部はとてもこじんまりとしていて、広場を軸にぐるりと歴史的な建物が立ち並んでいる。これはその1つで、「モンテホの家」。

a0262689_22551843.jpg
写真で見るより実物の方がずっと味わい深く、思わず立ち止まって見入ってしまった。1549年の建築で、ユカタンを征服したF.モンテホ氏が財力を生かして建てたものらしい。

a0262689_22552418.jpg
この彫刻は、ちょっとコワイけど(笑)。

a0262689_22592112.jpg
広場には州庁舎もあり、自由に内部を見学できる。

a0262689_22592813.jpg
マヤ文明をテーマにした27の壁画があるし、おそらくダンス・ホールだったであろうこの部屋はギャラリーになっている。

a0262689_22593480.jpg
たまたま、何かの写真撮影が行われていた。
a0262689_23184551.jpg
広場を囲む建物の回廊から見た風景。観光用の馬車があって、それがこの景色に彩りを添えていた。

a0262689_23215811.jpg
広場には、こんな洒落たベンチも。恋人同士がおしゃべりしている風景は、まさしく絵になっていた。
a0262689_23185866.jpg
アーケードもある。
a0262689_22485148.jpg
周辺はスペインや欧州をイメージさせる建物が結構ある。野口英世が黄熱病の研究をした病院(オーラン病院)がメリダにはあるらしいが、乗合バスで10分かかるというので、行くのをヤメた。旅の疲れはもうピークに達していたのだ。

a0262689_23253845.jpg
それでせめてもと中心部の散策は色々としてみた。
a0262689_23352623.jpg
a0262689_23263546.jpg
a0262689_23254422.jpg
a0262689_23263948.jpg
先に書いたようにこじんまりとした中心街だが、スペイン統治時代の、かつ美しく保たれている建物は、十分に楽しむことができた。ただ、お土産を買うようなお店は、ここでは土産物店以外では難しい。それで、大きなマーケットがあると聞いたので、何か洒落たものでメキシコらしいものが見つからないかと、そこへ行ってみた。

a0262689_23310769.jpg
・・・うっく。東南アジアで見る発展途上国のマーケット同様でしたあ。それにしても不思議だ。南米も含めて、発展途上国のマーケットや売られているものは、大体世界共通なんだもの。時には、暮らす人々の風貌も。どんなに離れた国でも、また人種さえも超えて、作るものや欲するものが、人間は共通しているということなのかもしれない。




[PR]
by yukaashiya | 2017-08-14 23:34 | 旅行編 | Comments(0)


<< チチェン・イツァ・ツアー(ダジ... パレンケ遺跡 >>