湖水地方の旅

a0262689_20321010.jpg
イギリスの旅の1つのハイライトに、北部の湖水地方(Lake district)を巡る旅がある。そこにはなんと言ってもここでしか見られない広大で何百年も昔からある原風景と肌で感じられる歴史、そしてブリティッシュネスがある。車がないと難しいのでこれまで行けなかったが、友人キースが招待してくれてそれが実現できたのだった。

a0262689_20322236.jpg
ロンドンからキースの故郷まで鉄道で向かい、レンタカーに乗り換えて数時間、湖水地方に到着した。朝の鉄道に乗って、宿泊先のホテルに着いたのは午後3時頃だったろうか。

a0262689_20321653.jpg
私たちが泊まったのはフェザントというホテルで、建物も歴史を感じさせるものだったし、庭がとてもブリティッシュネスだった。

a0262689_20322748.jpg
ブログの更新が遅れているが、この湖水地方への旅は8月に行ったもの。今年の英国は6月が信じられない暑さだったがそれ以降は肌寒い日が続き、8月の半ばだったが秋のように寒かった。おすすめは、6月頃かな。

a0262689_20323426.jpg
英国は大都市ロンドンも含めて若くて100年、古くて500年前の建物などもたくさんある。このホテルは200年ぐらい前に建てられたもので、だからとても情緒がある。

a0262689_20324512.jpg
ホテル内のパブのカウンター。
a0262689_20324086.jpg
寝室も、とてもブリティッシュネス!
a0262689_20325290.jpg
ホテルの廊下には、いつの時代のものか、こんなポストもあった。宿泊客はここへ手紙を入れておけば郵送してもらえたようで、それは今も続けられているらしい。
a0262689_20325631.jpg
寝室が続く廊下にあった、楽器のようなもの。これは日本で言うところの、昔の湯たんぽだそうだ。

a0262689_20330207.jpg
ホテルの庭はとても綺麗に手入れされていて、花々が咲き誇る場所、食事ができる場所など、いろいろあった。

a0262689_20330840.jpg
ホテルの建物を望むガーデンからの風景。

a0262689_20331848.jpg
着いた日は近くの滝までブラブラと散歩した。いつの時代のものか、石を積み上げて造られた塀があって、これが何百年もずっと崩れずに建っていることに、昔人の知恵を知らされる。

a0262689_20332569.jpg
かと思えば、ヒースには英国らしい記念プレートが、風景に溶け込む形で設置されていた。ここに思い出がある人々が亡くなった時に家族や友人が刻む記念プレートで、英国ではロンドンのような大都市の公園でもたくさん見られる。ベンチがその人々によってそこへ寄贈され、と共にこうしたプレートを設置する仕組みだ。家族や友人たちはいつでもここへ来て故人へ思いを馳せることができるし、旅人はここで休むことができる。



[PR]
# by yukaashiya | 2017-10-08 02:09 | 英国生活編 | Comments(0)

英国で増えた楽しみの1つ

a0262689_07240790.jpg
ポロ競技を初めて観に行ったのは2年前で確か昨年は行かなかったが、今年は1ヶ月に2度ぐらいの割合で行っている。ロンドンにあるのは一ヶ所だけで、リッチモンドというテムズ川が流れる雄大な自然に恵まれた高級住宅地である。

a0262689_07325598.jpg
a0262689_07241377.jpg
ポロのルールはまだ完全に把握したわけではないけれど(笑)、広いフィールドを馬が駆ける姿は美しく、そこにポロという競技が加わって試合が白熱している時は見入ってしまうほど迫力がある。
a0262689_07283634.jpg
それにここでの顔見知りと友人が増えつつあり、それが最も嬉しいことの1つかもしれない。
a0262689_07304700.jpg
ここへ入場するのに会員である必要はないけれど、ビジターであれば5ポンド程度の入場料が必要だ。ただしビジターは、ピクニック・エリアにしか入れない。

a0262689_07353497.jpg
このシーンの奥に見えるのがピクニック・エリアである。

a0262689_07360701.jpg
テラス席などがあるエリアに入れるのは会員かそのゲストだけだ(ゲストも入場に5ポンドが必要だけど)。美味しいランチ・ビュッフェ、ワインやカクテル、そして会話を楽しむことができる。会員やゲストはミドル・アッパー・クラスの人たちが圧倒的で、アッパークラスの例えば女王を始めすとる王族や貴族も来場したりする。そういう人たちと同じ空間でラグジュアリーなひと時を過ごせるのだ。ちなみに、日本のお金持ちとは違って英国のアッパー&ミドルクラスの人たちは全く偉そうにしないし、むしろ親しみを込めて微笑みかけてくれたりする。
a0262689_07394483.jpg
さて、一口に会員といっても、試合に出たい人のメンバーシップや、観戦するために単独あるいは家族でなるメンバーシップがそれぞれある。単独の会員で、年間3万円ぐらい。開催の季節は春から秋までだけということもあって「高いっ」と私なんかは思っちゃう(笑)。それでもこの空間は、金銭には変えがたい。英国では、競馬場にも同じことが言える(エリアにもよるとはいえ)。一言でいうとまさに「社交の場」であり、食べたり飲んだりポロを観たりしながら交流を楽しむ場なのである。
a0262689_07491350.jpg
最近仲良くなったのは南アフリカ出身のカースティンで、彼女は父親がパイロットながら家に何頭も馬がいる家で生まれ育ち、競馬の調教師を目指したこともあるという。だが女性に難しい世界であることはどの国でも同じ。それで断念したものの、いまも競馬界へ戻ることを考えているようだ。
a0262689_07503937.jpg
ポロ競技も楽しむ英国人のハワードはもちろん自分の馬を持っており(ポロ界では自分で複数頭を持つことが当然なのである)、広大なリッチモンド・パークを走ることもあるという。日本では考えられないような世界である。
a0262689_07505735.jpg
そういう人たちと私を繋いでくれたのは、やはり馬。馬という共通の興味がなければ親しくなることはなかっただろう。私の人生は、本当に「馬に感謝」すべき人生だと再認識している。

a0262689_07510687.jpg
(天気の良い日には情緒たっぷりのテムズ川沿いを歩いて街まで戻り、パブで一杯・笑)


[PR]
# by yukaashiya | 2017-09-18 08:03 | 英国生活編 | Comments(0)

ロンドンでの2017年の家

a0262689_04334503.jpg
ロンドンに戻って早くも約3ヶ月。中南米の旅の話を書き終えてやっとロンドンでの暮らしについて記録できる(笑)。今年借りたのはこの美しいヴィクトリアン・フラットの一室で、シェア・フラットだが2012年に自分だけのスタジオだった部屋に次いで広く、しかも、なんとブループラーク付きのフラット。ブループラークは、様々な著名人が暮らした家に掲げられているもので、このフラットにはなんと

a0262689_04335466.jpg
ボブ・マーリーが暮らしていたのであります。しかも、お隣さん! 時代が違えば会っていたんだなああ(笑)。

a0262689_04340129.jpg
このフラットがあるのは、2013年、15年、16年と暮らしたフラットから徒歩10分の、隣のエリア。ロンドン中心部であることは同様だが、大英博物館や大英図書館、ロンドン大学など数々の文化的施設と遺っている文化的話題がとても豊富な地域で、ブルームスブリーという。借りたフラットには、専用のガーデンも付いている。24時間のポーターもいるし、ベースメント・フロアには(過去を含めた)居住者が寄贈して行った本を自由に借りられる小さな図書室まである(すごく英国的!)。

a0262689_04340773.jpg
キッチンもとても洒落ているし

a0262689_04491143.jpg
部屋も広くて大層気に入っている。

a0262689_04491745.jpg
そのぶん、家賃も高いけど(笑)。同居人は、英国人2人、アイルランド人1人、フランス人1人の、計4人である。

a0262689_04492470.jpg
(窓の扉はこんな風に開閉できて、太陽の差し込む調節ができるのでとても便利だ)

a0262689_01071302.jpg
数十件の部屋が入っているこのフラットは十数件ずつエントランスが分かれていて、セキュリティも万全。ただし地下で繋がっていて、そこはまるで迷路を歩くようで面白い。

a0262689_01071917.jpg
エントランスを入ると、そこに敷かれているのは高級ホテルよろしくふかふかの絨毯。自分の部屋までは、エレベータを使える。

英国中の駅前などで配られている無料の夕刊紙イヴニング・スタンダード紙は、このフラットにはわざわざ届けられる。やはりおそらく、特別なフラットなのだろうと思われる。


[PR]
# by yukaashiya | 2017-09-10 04:52 | 英国生活編 | Comments(0)

チチェン・イツァの聖なる泉(セノテ) / 中南米旅行の締めくくり(ついに・・・)

a0262689_00455087.jpg
日本のほぼ裏側に当たる中南米を訪れて、早3ヶ月が過ぎた。ロンドンへ戻ってもうすぐ3ヶ月になろうというのに、旅行記を終えていないこの体たらく(笑)。今日はやっと、その最後である。

a0262689_00345488.jpg
メキシコのチチェン・イツァ・ツアーには、セノテ(聖なる泉)訪問も含まれていた。もともと有名な泉は観光客が多過ぎて情緒が味わえないそうで、最近開発されたというセノテ「X-Cajum」へツアーは私たちを連れて行ってくれた。

a0262689_00350225.jpg
とても洒落たつくりで、石造りのこんな椅子のオブジェも見ているだけで楽しい。

a0262689_00351002.jpg
上部から見たセノテ。ユカタン半島は密林の湿潤地帯だが、川はないらしい。ただ、石灰岩質の土壌のため、雨は全て地中に染み込んで地下に水の溜まる空洞を作るらしい。その空洞の地面が陥没してできたのがセノテなのだと、ガイドブックには書いてある。

a0262689_00351600.jpg
美しく開発されたここは、セノテへ降りて行く階段もこんなに洒落ている。
a0262689_00352160.jpg
こちらは逆に、下から見た写真。

a0262689_00551724.jpg
そして視界は、こんな風に開ける。泳ぐこともできるのだ。

a0262689_00550912.jpg
1ヶ月で中南米の中の9ヶ国を駆け足で回った旅は、この美しいセノテを見て幕を閉じる。

a0262689_00552317.jpg
メキシコ・メリダの街からは、メキシコの首都メキシコ・シティ、そして米国のロスを経由して日本へ戻った。夜中の2時半起き、4時半にはメリダの空港に着いて、6時発の便でまずメキシコ・シティへ向かう。デルタ航空を利用したのだが、スポーツバッグ1つ預け入れで、500ペソ(約3000円)も取られた。そのうえその際、「メキシコへバスで入国しているからメキシコからロスへ飛ぶ際にメキシコ・シティの空港で100ペソのペナルティを徴収される」と言われた。なぜなぜなぜ。

a0262689_01044976.jpg
実際にはそんなもの徴収されなかったが、心臓に悪い(笑)。ちなみに、メキシコ・シティで国際線に乗り換える時、パスポート・コントロールはなかった。イミグレーションカードを回収されただけで、出国スタンプはナシ。米国といいメキシコといい、それでいいんでしょうか(笑)。

ロサンゼルスに到着したのは、正午。関西空港へ飛ぶ便は、夜中の1時半発。そう、13時間の待ち時間が発生。ロスへ着くまでの便にはもっと遅い時刻のものもあったのだが、中南米の飛行機は結構遅れたりキャンセルになったりするので早い時刻の便を押さえたのだが、ロスの空港では荷物を預けられるロッカーも預け入れ所もなく(多分、安全のため)、街へ買い物に出るのは断念。コーヒーを飲んだりピザを食べたり本を読んだりベンチで寝たりして(笑)、チェックインまでの11時間をすごしたのだった。チェックインしてやっとラウンジでゆっくりできると思ったら・・・予約していたエア・チャイナ、搭乗時刻の10分前にラストコールをするという暴挙に出た(!)。そんな航空会社、見たことないよ(笑)。

a0262689_01045649.jpg
旅は人生の縮図のような面があって、それまで経験したことないようないろんな体験ができますな。いい体験もあるけど、多くは心臓に悪いことだけど(笑)。

記憶ではグアテマラの空港だったと思うけど、到着してからパスポート・コントロールへ向かうまでの通路には、「入国の際、パスポートにちゃんとスタンプが押されたかどうか確認して下さい」という看板がいくつもあった。疲れ果てていた私は、搭乗客に確認させるんじゃなく職員の指導をちゃんとせよとぶつくさ言いながら歩いたのを覚えている(笑)。

最後の写真は、メリダの町のメキシカン・レストランでのもの。案内された席のすぐ前でタコスを作る実演がされていたので、作っているおばさんに写真を撮ってもいいかと尋ねたら快諾してくれた。カメラを向けるとちょうどその時、右に立っているウエイターがおばさんに話しかけたのだが、おばさんは彼を怖い顔で叱り、「今から写真を撮るんだからあっちへ行け」とばかりに、ウエイターを手で追い払った(笑)。ウエイターはウエイターで、そばに立って彼までポーズをとってくれた(笑)。


中南米の旅で最も苦労したのは、移動の手段とプランの組み立て。日本人の中南米への旅行者の絶対数が少ないのと、日本人は大抵、私が今回計画した旅程とは逆周りをするからなおさらだ。旅ブログ(QUE SERA SERA)(こっちも全然更新していないけど・笑)の方に今回の旅程と移動手段を記しておくので、私と同じ周り方を考えている人がいたら、参考にしていただければ幸いです。





[PR]
# by yukaashiya | 2017-09-04 01:34 | 旅行編 | Comments(0)

チチェン・イツァ・ツアー(ダジャレでなく・笑)

a0262689_01392082.jpg
          (エルカスティージョ/スペイン語で「城」「城壁」)

中南米を巡ってきた最後の訪問地は、マヤ文明の聖地「チチェン・イツァ(泉のほとりのイツァ人の意)」。旅を終えて2ヶ月も過ぎるとさすがに書くのがメンドーだけど(笑)、旅の記録としてせめて写真は残しておこう。良いガイドに恵まれて、良い訪問ができたしね。

a0262689_01392924.jpg
ホテルにブッキングを頼んだツアーは8時間ほどで、たったの5252ペソ(約3000円)。入場料は別途、242ペソ(約1500円)だった。ホテルの送迎付き、英語のガイド、しかもランチ付き! 幸運にもとても知識が豊富なガイドで、人柄も良かった。ツアーの成否は、観光物そのものよりもガイドにかかっていることを、改めて感じたほどいいガイドだった。

a0262689_01393676.jpg
エルカスティージョはピラミッド様式の神殿で、かつ四面すべてに階段がある。しかも蛇の頭があるこの北側の階段は、一年に二度、春分と秋分の日に蛇の羽が影になって現れるという。また、階段はそれぞれ91段あり、×4面で364、プラス頂上にある神殿を合わせると365。つまり1年の日数を表しているのだ。これが9世紀に造られたものだというから、なお驚く。

a0262689_01394256.jpg
こちらは敷地内に残っている建物の柱だが、ガイドによると丸い柱は低い身分の人たちの建物、アッパークラスの人々の家の柱は四角なんだそうだ。

a0262689_02042776.jpg
そのガイドさん、私をホテルへ迎えに来て名前を確認した時、なぜか「チバ」と呼んだ(笑)。リストを見てすぐに言い直していたけど、最近参加した日本人がその名前だったのか、過去によほど印象的だった日本人参加者が「チバさん」だったんだろう。
a0262689_02043324.jpg
ツアー中も、何度か「チバ」と言っては、「アシヤ」と言い直していたもの(笑)。外国人にとって私の名字は発音し辛いことを知っているので、「ユカでいいよ。ユカタン半島のユカ!」と言っても、もしかするとメキシコでは客に対して失礼にあたるのか、彼は名字で呼ぶことにこだわっているようだった。

a0262689_02044055.jpg
でもね、最後には、私の名前は「アチバ」になったもんね(笑)。チバとアシヤを足してアチバ(笑)。
a0262689_02130762.jpg
グレーのボロシャツを着ているのが、そのガイドさん。真面目に説明するだけでなく、チチェン・イツァを「チキン・ピッツァ」とダジャレを言うなど、参加者を楽しませてくれる人だった。もしアナタがここへ行って彼に会ったら、「日本のアチバがよろしくと言っていた」とお伝え下さい(笑)。

それではあとは、写真をどうぞ(笑)。
a0262689_02044581.jpg
a0262689_02154405.jpg
(ドクロ彫!)

a0262689_02155010.jpg
a0262689_02160544.jpg
a0262689_02155953.jpg
a0262689_02161170.jpg

[PR]
# by yukaashiya | 2017-08-29 02:29 | 旅行編 | Comments(0)