ガリーへの伝言

a0262689_6442499.jpg
(オックスフォード・ストリートで日曜日に行われていた演奏行進)

9月に入って秋の気配が漂っていたロンドンだったが、つい先日は31度を超える異常気象。それでも今年は夏らしい日がほとんどなかったこともあって、暑すぎても(同じ31度でも陽射しが強いので日本の31度より暑く感じる)みんな大喜び。だがその喜びも束の間で、数日後からここのところは最高でも21、2度、最高気温が20度を下回る日のほうが多い。それでも不思議なもので、寒がりだったわたしが日本にいた頃よりも薄着になっていることに気づく。薄手とはいえコートを着ている人の横で、わたしがノースリーブを着ていたりするんだもの(笑)。欧州で暮らし始める以前は欧州人に対して「あんたたちの季節や温度による服装基準は何やねん」と思っていたわたしだったが、環境によって人間はかくも変わるものであることを実感している。

それにしても英国(の立場)は強い。EU離脱が決まってから約3か月。セミナーの類を調べていてもタイトルはポジティヴな方向性を持つものがほとんどで、むしろ「EU離脱でUKは良くなる」といった記事なども目にする。もちろん、これからどうなるかは誰にも分からないことだけど、例えばロンドンの不動産価格はごく一部には下がったところもあるようだが、平均するとこれまで同様、上がり続けているそうだ。

そんな今日この頃、とある記事が目を引いた。「悪い評判さえカフェのオーナーのお好み」と題したそれは、マンチェスターのカフェのオーナーのびっくり仰天な行為を取り上げていた。看板(黒板)に、「トリップアドバイザーにレヴューを書いたある女性が彼女の人生において最悪だったポーリッジ(オートミールなどを牛乳や水で煮たもの。日本人にとっての朝粥みたいなもの)をお試しあれ」と書いてお店の前に出したのだった。

トリップアドバイザーは、世界最大の口コミサイト。オーナーは商売熱心な人で、自分の店の口コミ欄を毎日、真面目にチェックしているそうだ。そんな人だけに、その「ある女性」が書いたレヴューはショックだったに違いない。並の人なら、そんなレヴューはできるものなら消してしまいたいところだろう。

なにしろ口コミというのは恐ろしいもので、ハヴァス・ワールドワイドという大手広告代理店によると、10000万人を対象にした調査ではたった1つのネガティヴなコメントがあるだけで、38%の消費者が購入を思いとどまるんだそうだ。

だけどそのカフェのオーナーは、悪い口コミを逆手に取った。それほどメニューに自信があるからなのかもしれないが、それでも人間という生き物は人の意見に感化されやすいし(日本人だけかも?)、そもそも口コミは主観的なもので、それをわざわざ店の前の看板に書いて万人に知らせるとは、なんて勇気のある強い人なんだろう。

ただその一方で、もしかすると英国人特有の「アイロニー(皮肉)」精神から取った行動だったかもしれないとも思ったりする。なぜならば・・・。

店の名前は、Nook Neighbourhood Cafe。オーナーは、「トリップアドバイザー(に書いている男性)のガリーが“すっげえ小さい”と言っている、街で最も美味しいポーリッジ」と、別のオファーも出しているらしい。そこには「ガリー、わたしたちがヌックと呼ばれているのは、だからなんだよ(キミが何を期待していたのか、僕たちは全く知らないけどね)」と締めくくられているそうだ。ちなみに、nookは隅っことか小さいとかの意味を持つ。

そして・・・ガリー(Gary)は男性名として存在しているだけでなく、セクシーな男性やベッド・テクが上手い男性を表現する言葉でもあるのだった。なんて辛辣なアイロニーでしょう(笑)。
[PR]
# by yukaashiya | 2016-09-23 08:10 | 英国生活編 | Trackback | Comments(0)

時代の終わり

a0262689_2391321.jpg
(カドガン・ホール)

先週から、ソーシャルダンスを習いに行っている。若い頃にジャズダンスを習っていたし、もともとダンスは好きなほう。英国で、いつかダンス・パーティで踊る機会を得られたらと思って習い始めたが、そんな機会はおそらく訪れないだろう(笑)。でも、曲に乗って体を動かすダンスはやっぱり楽しい・・・ステップはなかなか覚えられないけれど(笑)。

昨夜は、ロンドン・チェルシー地区にあるカドガン・ホールへ行ってきた。フジコ・ヘミングのピアノ・リサイタルがあったからだった。行くと、客席のほとんどは日本人で埋められていた(笑)。これまでロンドンでも結構な数のクラシック・コンサートへ行ったが、まるで日本にいるようだった(笑)。

日本人が多かったのは、名前から分かるようにピアニストがハーフで日本人の血が流れているからかもしれない。あるいは、演奏する曲目のほとんどが日本人が聴き慣れているような曲だったからかもしれない。中には「この曲を名の知れているピアニストがコンサートで弾くなんて、クラシックに慣れていない客に迎合しすぎじゃないか」と思う曲もあったものの、それでも日本人がクラシックに興味を持ってくれることはクラシック好きにとっては嬉しいことだ。

フジコ・ヘミングは奇抜な衣装も彼女の表現方法の1つで、昨夜も驚かせてくれた。

演奏は、別の意味で驚いた。というのも、彼女独特な(強弱のつけ方やスローなことを含めて)弾き方は「そこ」にあったものの、内から湧き出るものがすっかり影を潜めてしまっていたからだった。フジコ・ヘミングのコンサートに来ていながら、フジコ・ヘミングのコンサートを聴けなかったと表現するにふさわしく、彼女を代表する「ラ・カンパネラ(リスト作曲)」も彼女らしさの片鱗こそ見せていたものの、かなり物足りなかった。ああ、この人の時代は終わったんだなと思うと、なんとも言えない寂しさにとらわれた。どんな分野でも感動を与えてくれる人々の終焉は、我々を寂寞とした世界へ放り出してしまうような感覚に陥らせる。

ただ、それは彼女のせいではない。聴力のほとんどない彼女がいまもまだこうしてコンサートを開けるほどの腕を残しているのは日々の相当な努力があるからに違いなく、それは彼女の83歳という年齢からするとかなりの精神的・体力的負担を強いているに違いない。それを考えると、やはり2度と現れないかもしれない優れたピアニストなのである。

もしかするともう彼女の演奏を聴く機会はないかもしれず、最後だったかもしれない機会を得た幸運に浸っておくことにしたい。

a0262689_3153087.jpg

[PR]
# by yukaashiya | 2016-09-20 03:15 | 英国生活編 | Trackback | Comments(0)

ロンドンの国会議事堂にて思ったこと

a0262689_0332376.jpg
(ビッグ・ベンと国会議事堂)

キャメロン元首相が議員職を退くことは、日本でも報道されたろう。どうやら、現在の彼の政治家としての最優先させたい事項(教育関連)とメイ現首相とのそれとの違い、なおかつその方向性も違うことから、彼は実行させたいことを別の立場から推進していくようだ。それにしても感心するのは、彼の決断がいつも迅速かつ確固たる意志がそこにあること。大きな失敗をしてさえ居座ろうとする日本の政治家に少しは見習ってほしいもんである。ちなみに、彼は首相として手腕を発揮しただけでなく、マーガレット・サッチャー政権以降では最も人気の高い首相でもあった。

a0262689_0394028.jpg
(エリザベス2世女王のダイヤモンド・ジュビリー式典などが行われるホール)

そんなことのあった昨日、わたしは国会議事堂にいた。と言っても討論会を聞きに行っただけであるが、その討論会とはトルコの「the Centre for Turkey Studies」という組織主催のコメンテーターと小説家とのもの。この組織はイギリスとトルコ、そしてその人々の架け橋になることを目的として4年前に設立されたものらしい。機関誌を見るとキャメロン元首相やボリス・ジョンソン元ロンドン市長などからの激励文などが載っており、政府ぐるみで支援しているようである。だからだろう、どんな人が参加するか分からない会に国会議事堂の一室を提供してくれるのだから。

a0262689_0465864.jpg
国会議事堂に入るのは私は初めてで、中へ入ってびっくり。歴史的価値が高くしかも美術館と呼んでもいいぐらいの内部のつくりと展示物にため息が出そうになった。奥まで入っていくと写真撮影はNGになるので写真はあまり撮れなかったが、グラッドストーン元首相の肖像画やエリザベス一世女王が描かれた絵も素晴らしかった。

a0262689_0502312.jpg
討論会が行われたのは下院の議事室の一つで、50人程度で一杯になるこの部屋もこんなに豪奢だった。

でもこの日、最も驚いたのは、入口でのセキュリティ・チェックだった。空港並みの機械が置いてありそれはうなづけるものの、カバンやジャケットだけでなく、腕時計やペンダントまで外してくれと言われた。今時のテロリストは何に爆弾を仕込んでいるか分からないからだろう。だけどだけどだけど、メガネまでX線検査に出してくれと言われた時には、さすがに「グラスイズ〜ッ!!!!!!!?」と大きな声を出してしまった(笑)。国会議事堂では、静かにしましょう(笑)。

今年のロンドンは、夏前には「猛暑になる」と言われていた。ところが6・7月はほとんど曇りか雨で(日本の梅雨ほどではないが、ロンドンには珍しいぐらい雨が多かった)、8月も25度を超えた日は数えるほど。すでに落ち葉もちらほら見受けられるが、今日は何と30度超え。9月にこんな気温になるのは、ロンドンでは50年以上ぶりのことらしい。

余談だが、現在日本で問題になっている蓮舫議員の二重国籍について。私個人としては日本で騒いでいるほどの問題では全くないと思う。今でこそ一国の戸籍しか持てない国の方が多いだろうが、昔は二重国籍を持てた国は多かったはず。それに、彼女は日本人として日本国籍を持ち、日本で学び、日本で政治家になった。そして政治家としての資質も高い。それ以上何を求めることがある。何においてもクレームばかりの日本。彼女の記憶間違いが混乱を招いた面はあるにせよ、こんなことで有能な人の足を引っ張るような「文化」を、そろそろやめるべきじゃないだろうか。

a0262689_0565984.jpg
(チャールズ1世王を斬首刑にして王政を廃止したオリバー・クロムウェル護国卿の銅像も飾ってある国会議事堂)
[PR]
# by yukaashiya | 2016-09-14 01:16 | 英国生活編 | Trackback | Comments(0)

慌てない英国人

a0262689_6503519.jpg


たいていの英国人はいかなるシーンでも慌てない。これは身を以て感じている事で、その「慌てなさ」に驚いたり、時には微笑んでしまう事も少なくない。

たとえばあるGIが行われた日のこと、競馬場からロンドンへ戻ってくるのに列車に乗っていた。車内は競馬場帰りの人々で溢れていて、立っている人もたくさんいた。わたしは車両の端の方に座っていたのだが、その道中で車両の中心部あたりが一瞬ザワッとした。それも「静かな」ざわつきで、ほんの一瞬だった。その直後、わたしの横の方に立っていた男性から何かが中心部側に立っていた人に手渡され、その手渡されたものは次から次へと車両の中心部へ向かって渡されていく。チラッと見えたそれは新聞紙だった。どうやら車両の中心部でお酒に酔った誰かが吐いてそれが直ちに伝達されたか感知されたかして、新聞を持っていた人がそれを提供したものらしい。静けさを保ったままでの判断力と行動力、そして誰しもを嫌な気分にさせない見知らぬ者同士の連携とホスピタリティには、いたく感心させられた。

またある時は、車両同士の接触事故を目撃した。それもまた競馬場帰りの時の事で、私は駅へ向かうバスを待つ人々の列に並んでいた。大した事故ではなく、バンパー同士が軽く当たった程度。ただ、車両の持ち主にとっては、当然おもしろくない。急に止まったドライバーに対し、後ろの車のドライバーが降りてきて話し合いを求めた。声は少し荒くなっていた。だがバスを待っていた列の人々は「怒っちゃってるよ」とばかりにクスクスと笑いはじめ、そのうち怒っているドライバーに対して「がんばれよ」とばかりに口笛を鳴らす人まで出てきた。怒っていたドライバーはそれによって気恥ずかしくなったのか、彼の声はすぐに落ち着きを取り戻し、(多分)車に傷が付いていなかったこともあって、あっという間に事態は収束した。あんな「和やか」な事故現場を見たのは初めてである。

先日は、またまた英国人のホームパーティにお呼ばれして行ってきた。今回は総勢15人が集まり、その人数が座れるテーブルがあるダイニングにびっくり。食事は全てご主人の手作りで(メチャ美味しかった)、奥さんは我々ゲストをもてなすホスト役。ご主人は
ダイニングの窓側にローソクを並べてムード作りにも余念がない(日本人男性よ、耳が痛くなれ・笑)。

でも最も驚いたのは、テーブルの上の開けたばかりのワインボトルが倒れた時のこと。ワインが赤だっただけに、誰かの洋服にでもついたら大変。でも、誰も慌てない。慌てないどころかみんなで「Ooh(ウー)」と言って、おもしろがっちゃう。日本語で言うところの「あら〜っ」というような感じ。しかもみんな、顔が笑ってる。

たいていの英国人といるとのんびりできるような気がするのは、どんなシーンでも慌てず、そのうえ起きたことを笑いに変えるのがうまいからかもしれない。
[PR]
# by yukaashiya | 2016-09-11 07:42 | 英国生活編 | Trackback | Comments(0)

Notting Hill Carnival '16-2

a0262689_1493059.jpg
今年のノッティングヒル・カーニヴァルのフォト・リポートの第2弾(と言っても、現場には1時間半しかいなかったのでこれでお終い・笑)!

a0262689_155285.jpg


a0262689_1513830.jpg


a0262689_1505828.jpg


a0262689_1511868.jpg


a0262689_152790.jpg


a0262689_1523612.jpg


a0262689_1525910.jpg


a0262689_1532384.jpg


a0262689_1541558.jpg


a0262689_1543479.jpg


a0262689_1552455.jpg

[PR]
# by yukaashiya | 2016-09-04 01:55 | 英国生活編 | Trackback | Comments(0)